MBAで学べること

MBAではどんなことが学べるのか。ビジネスについて学びたい人にオススメです。 - 人事戦略で適材適所を行おう

MBAサイト

アーカイブ

人事戦略で適材適所を行おう

誰を使うのか

会社に仕えるだけではなく、いつかは人の上にたって指示する側になってみたい。という野望はMBA取得者ならば持っていて当然のことです。
しかし、人を使うというのは思っているよりも簡単なことではないので、様々な苦労が発生することになってしまうことになるかもしれません。
そんな時に知っておきたいのがMBA取得のためのビジネススクールでも学ぶことができた人事戦略というものになってきます。
適材適所という言葉があるように、人は自分の力を100%発揮できる環境に身を置くことによって、仕事の成果を上げることができるのです。
部下の本質を見抜くことができずに飼い殺しなんてしていては、有能な人材を自分から手放すことと同じになってしまいますよ。

不満を把握すること

面接にやってきた若者がいるとするのならば、適正を判断した上で、適切だと思われる部署に配属するというのが従来のやり方だと考えることができます。
勿論、本人の希望を聞くこともあるとは思うのですが、全て希望通りにしていては会社として機能しなくなってしまうので、時には思わぬ部署に配属させたりもするでしょう。
しかし、面接の際に自分の本性を全てさらけ出す人間というのもあまりいませんので、まだ上辺だけで判断していたと言うことができてしまうかもしれません。
望まぬ部署でしたくもない仕事をさせられている・・・。なんて思われてしまっては仕事の能率も悪くなってしまいますよね。
そのようなことを防ぐためにも自分の配属されている部署で不満はないかということをしっかりと把握することに努めるとうにしていきましょう。

人間性から判断する

個人の資質というのは、こういう性格ならこういう場所がいいかな!なんていう風に簡単に決めるつけられるものではありませんので、配属にも悩むことでしょう。
全ての人たちをカテゴリー分けなんてしてしまっていると失敗しかねませんので、個人個人として尊重していってください。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2016MBAで学べることAll Rights Reserved.